「新」教育基本法を全面批判する
   自公合作の「新」教育基本法は、左派勢力を利する「教育版人権擁護法」、第二の「男女共同参画社会基本法」にほかならない。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
フリーエリア

最近の記事

プロフィール

kihonhou

Author:kihonhou
本名千葉展正
本業ジャーナリスト。

本ブログのほかに、
反フェミニズムサイト
http://homepage2.
nifty.com/antifemi/
などを運営しています


最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 <中教審答申>国の教委への是正、異例の賛否両論併記で
<中教審答申>国の教委への是正、異例の賛否両論併記で

(3月10日 毎日新聞記事)

 文部科学相の諮問機関・中央教育審議会は10日、東京都内で総会を開き、教育関連3法案の答申案を了承し、伊吹文明文科相に提出した。国による教育委員会への是正勧告・指示について、答申では異例の賛否両論を併記した。また、国による都道府県教育長の任命承認権と教委による私学への指導は否定する意見を明記した。伊吹文科相は12日にも安倍晋三首相に内容を報告し判断を仰いだ上で法案を作成、3月中に国会へ提出する方針。
 答申は、出席委員42人中、石井正弘委員(岡山県知事)だけが了承しなかった。
 是正勧告・指示については、地方教育行政法(地教行法)の改正部分で、「地方公共団体に対し、何らかの措置(指示等)を行えるようにする意見が多数出された」とする一方、「地方分権の流れに逆行するなどの強い反対意見も出された」とした。指示等を行う場合にも「専門家などで構成される調査委員会等の報告を参考にすべきだ」と第三者機関設置の意見も付記した。
 教委による私学への関与は、骨子案の「指導・助言・援助」から指導を削除。指導に対して、委員の多数が反対だったことを明記し、助言・援助は「都道府県知事が教委に対し、助言・援助を求め得るようにすべきだとの意見が出された」とした。
 また、99年の地方分権一括法で廃止され、政府の教育再生会議が検討するよう求めていた教育長の任命承認権は「賛成の意見はほとんどなく、これを採らないことが適当である」と反対の意思を示した。伊吹文科相は「審議での賛否は総理に伝え、最終的に法案を提出する内閣としての意思を決めていく。できるだけ道(答申内容)を外さないよう努力する」とあいさつした。
 地教行法はこのほか、教職員人事について「同一市町村内における転任については、市町村教委の意向に基づいて行うものとする」として、都道府県・政令市が持つ教職員人事権を弾力化させる考えも示した。学校教育法には校長や教頭を補佐する「副校長」「主幹」など新しい職を設置できるようにする内容などを盛り込み、教員免許法では教員免許更新制の導入を明記した。【高山純二】
 中教審答申のポイント
 ◇学校教育法◇
・義務教育の目標に「我が国と郷土を愛する
 態度」を新設
・義務教育年限は9年の現行通り
・学校は自らの評価制度を設けるべきだとの努
 力義務規定を新設。情報開示規定も新設
・副校長、主幹などの設置規定を新設
 ◇教員免許法◇
・免許状の有効期間は10年間
・分限免職処分を受けた場合は免許状失効
・更新時の講習時間は30時間程度
 ◇地方教育行政法◇
・教育で著しい不適切行為がある場合、国が
 教育に関する責務を果たすための仕組みが
 必要(教委への勧告・指示権限に関し賛否両論併
 記)
・教育委員に必ず保護者を含むようにする
・教委は第三者らによる点検・評価を受けて
 議会に報告
・教育長任命時の国の承認制度復活には反対
・教委が私学に指導する制度には反対
・文化とスポーツの管轄は教委から首長に移
 すことを可能とする

(3月10日 毎日新聞)

スポンサーサイト
ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:6
(2007/03/10(土) 22:06)

 教委改革に反対相次ぐ
教委改革に反対相次ぐ
教育3法、結論は3月10日めどに

(2月28日 時事通信)


 中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)の分科会は28日、政府が今国会に提出する教育関連3法改正案について、関係団体からヒアリングを行った。焦点の教育委員会改革をめぐり、自治体や私学団体が文科省案に強い反対を表明。意見の対立が浮き彫りになった。
 同分科会は当初、3月3日の次回会合で結論をまとめる予定だったが、意見集約のためさらに議論するとともに、反対が多い点については修正などが必要と判断。同10日を軸に次々回会合を開くことで日程調整を進めている。中教審の結論を受け法案化作業や与党内手続きが行われることになるが、同13日の法案提出期限に間に合わせるには日程的に極めて厳しい情勢となった。 


ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/03/01(木) 21:58)

 文科省に公開討論を要求-規制改革会議
(2月23日 時事通信記事)

 政府の規制改革会議の草刈隆郎議長(日本郵船会長)は23日午前の会合後の記者会見で、教育委員会制度改革をめぐって文部科学省に公開討論を申し入れたことを明らかにした。同省は「多忙」を理由に消極的だという。
 同会議は、政府の教育再生会議がまとめた国の権限強化を柱とする教委制度改革案に反対を表明。草刈氏は会見で「一方的にああいう(教育再生会議の)意見だけ(検討したの)では、非常に浅い議論に終わる」と指摘した。 

(時事通信 2月23日)

ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/02/24(土) 20:48)

 「総合学習」廃止し主要科目重視を
 以下は、2月19日「世界日報」教育面に掲載されたインタビュー記事です。


 **************


【直言!日本の教育】

 
「総合学習」廃止し主要科目重視を

評論家 千葉展正


[「総合学習」廃止し主要科目重視を]の続きを読む
管理人の発表記事・コメント | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/02/24(土) 20:33)

 私学指導に教委が関与
私学指導に教委が関与 

「未履修」多発で法改正へ 文科省方針

(2月20日 産経新聞 記事)



[私学指導に教委が関与]の続きを読む
ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/02/20(火) 22:50)

 再生会議に規制改革会議異論 教育改革足並み乱れ
(2月16日 産経新聞記事)

 ■首相「最後は私が判断」

[再生会議に規制改革会議異論 教育改革足並み乱れ]の続きを読む
ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/02/16(金) 19:55)

 教委改革で閣内不一致を文科相懸念 
(2月16日 毎日新聞記事)

 首相の諮問機関「規制改革会議」が教育再生会議と異なる教育委員会改革の見解を示したことについて、伊吹文明文部科学相が「閣内不一致になりかねない」と強い懸念を示していることが15日、分かった。関係者によると、13日の衆院予算委員会終了後、下村博文官房副長官、渡辺喜美行革担当相が伊吹文科相に見解の説明をすると、伊吹文科相は「自分は大反対だ」などと反発し、意見書を受け取らなかったという。
 また、伊吹文科相は塩崎恭久官房長官にも電話で「この意見は納得できない。これまでの考え方とまったく違っており、閣内不一致になりかねない」などと懸念を伝えたという。

(2月16日 毎日新聞)

ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/02/16(金) 19:51)

 安倍首相の憲法感覚
 安倍首相の元身内が、憲法を参議院選挙の争点に据える安倍総理の姿勢に疑問を呈した。

 安倍氏は「憲法は指一本触れてはいけない時代が長い間あった」なんて言ってゐるけど、これ、教育基本法改正の時にこの人が好んで口にしたフレーズと同じ。

 安倍氏の考へる憲法改正のがどの程度のものか、底の浅さにみんな気がついてしまつた。

 教育基本法改正案の中身にはほとんど関心を持たず、憲法改正案の中身にもほとんど関心を持たない。ただただ、教育基本法を改正したのはボクだ、憲法を改正したのはボクだ、と言ひたいらしい。軽くて、とても分かり易い戦後っ子。自民党の改憲派といってもこのレベルなのが悲しい。

[安倍首相の憲法感覚]の続きを読む
安倍晋三 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/02/14(水) 22:55)

 山谷補佐官行き過ぎたけん制? 「中教審にメス」発言
(2月8日 毎日新聞記事)
 山谷えり子首相補佐官(教育再生担当)は7日夜、水戸市内で講演し、政府の教育再生会議で中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)について「大ざっぱなことを延々と議論している。再生会議でメスを入れていきたい」と改革対象に加える考えを示した。

[山谷補佐官行き過ぎたけん制? 「中教審にメス」発言]の続きを読む
ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/02/09(金) 00:11)

 靖国神社をアメリカと中国に売つた男
 権力を背景に靖国神社に圧力をかけて展示を書き換へさせた売国男が産経新聞(七日付け)に厚顔で恥知らずな駄文を寄稿してゐる。


[靖国神社をアメリカと中国に売つた男]の続きを読む
安倍晋三 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:4
(2007/02/07(水) 23:37)

 自民党内から安倍首相に対し「裸の王様」発言


(永田町ナイトウオッチ)

自民党内から安倍首相に対し「裸の王様」発言が飛び出しました。
 
「柳沢発言」による逆風の中、4日の愛知県知事選挙で辛くも勝利を挙げた自民党ですが、舛添要一参院政審会長から、安倍首相に対し、「裸の王様になりつつある」との発言が飛び出しました。
安倍晋三 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2007/02/06(火) 09:35)

 <安倍首相>教育関連3法の改正案提出改めて指示
 教育基本法を改正しました。次で教育関連3法を改正しました。これで戦後教育の見直しが完成しました・・・・安倍氏はさういふ偉業を成し遂げた総理大臣として記憶されることを夢見てゐるらしい。

「空想」といふしかない。

 安倍内閣が目指す教育改正3法の「改正」などなんの意味もない。

 いづれ当ブログでその所以を解説するので乞ご期待。


********

(2月5日 毎日新聞記事)

安倍首相教育関連3法の改正案提出改めて指示

 安倍首相は5日、首相官邸に伊吹文部科学相を呼び、教育関連3法の今国会改正を改めて指示した。3法は学校教育法、教員免許更新制を新たに導入する教員免許法、教育委員会制度を定めた地方教育行政法。伊吹文科相は「統一地方選を前にスピードアップしなければならない」と3月中旬までに改正案を提出する考えを伝えた。


安倍晋三 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/02/05(月) 21:26)

 安倍政権下で進行するフェミニズム行政
 安倍総理の施政方針演説は、安倍政権に対する不信の念をつのら
せてくれるのに十分な内容だつた。

 「美しい国、日本」が登場すること七回。こんな、CMのコピー
みたいな標語なんかもう聞き飽きたつてことが、この数ヶ月の内閣
支持率下落の意味ではないのか。その認識が完全に欠落してゐるこ
とが施政方針演説に露呈してゐる。

[安倍政権下で進行するフェミニズム行政]の続きを読む
安倍晋三 | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2007/02/04(日) 23:33)

 自民党大会 首相「脱小泉」鮮明に
自民党大会 首相「脱小泉」鮮明に
 原点回帰…無党派層離反も

 1月18日 産経新聞

 安倍晋三首相(自民党総裁)は17日、都内のホテルで開かれた第74回自民党大会で演説し、7月の参院選を「政治決戦」と位置づけ、憲法改正と教育再生を前面に押し出して戦う覚悟を示した。大会で採択した今年の自民党運動方針でも「美しい国、日本」を目指す保守回帰路線を鮮明にし、小泉純一郎前首相の改革路線は影を潜めた。参院選に向け、地方組織の強化を強く意識したといえるが、「古い自民党に戻った」とのイメージが先行すれば無党派層の離反も予想される。

[自民党大会 首相「脱小泉」鮮明に]の続きを読む
自民党 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/01/18(木) 21:43)

 安倍応援団らも見切り?
スカパーを回したら、ある政治番組で、大学教授らの新年座談会をやつてゐた。某大学教授が、「安倍さんは第二次政権をおやりになるつもりで、なんとかかんとか」と語るのを聞いて仰天。この方は、安倍さんに比較的近い人で、こんな言ひ方で安倍総理にそつと見切りをつけたと読んだ。
安倍晋三 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/01/05(金) 22:33)

 安倍首相 教育再生と社会保険庁改革に取り組む
(毎日新聞 1月4日)

 安倍晋三首相は4日午前、首相官邸で年頭の記者会見を行い、政権発足からの約100日間について「美しい国づくりの礎を築くことができた」と実績を強調しながら総括した。そのうえで「今年を『美しい国づくり元年』としたい。実績を上げていくこと、実行していくことだ」と決意を述べ、教育再生と社会保険庁改革に重点的に取り組む考えを表明した。

[安倍首相 教育再生と社会保険庁改革に取り組む]の続きを読む
ニュース | 固定リンク | トラックバック:1 | レス:0
(2007/01/04(木) 22:15)

 御用学者たちの言ふくるめ
木村治美といふ御用学者(文部科学省べつたりといふ意味ね)が、素性丸出しの駄文を産経新聞に寄せてゐる。

 書き出しがいい。《改正教育基本法が成立し、なにはともあれめでたい。》

 なにがめでたいのか具体的説明が一切ないのでさつぱり分からない。自分が臨教審の委員だつた時に、「荒れる学校」が問題になつたといふ説明があつて、昨今のいじめ問題がなんならかんたらといふ話が続き、それで唐突に新教育基本法の条文が登場する。

《「教育は不当な支配に服することなく」は日教組を意識してであろうが、百年の計で考えれば、将来、誤読されかねない文言ではないか。》

 文科省御用学者の本性丸出しの文章として記録に価する文章である。

「教育は不当な支配に服することなく」は日教組を意識して入れたとおつしやる。日教組を取り締まるためといふ意味だらう。可愛いさうに既にボケてをられる。○○大学名誉教授の肩書きをお持ちらしいけれど、○○大学はこの御仁から名誉教授の肩書きを剥奪した方がよくはないか。

 公明党が、愛する日教組のために残して差し上げた「教育は不当な支配に服することなく」。この条文を、日教組活動を規制するために入れたんですよといふ、嘘を承知の言ひくるめ。

 この御仁は元臨教審の委員。臨教審のメンバーたちは、今でも同窓会を開催してゐるらしい。そこにはいつも文部科学省のお役人たちも顔を出してゐるはず。臨教審元メンバーと文科省のお役人は仲良しクラブ。この事実を知つてをくと教育問題情勢を分析するのに参考になると思ふよ。

 臨教審同窓会のメンバーつて誰だつて? たとえば、M某、T某、おつと、危うく全部バラしてしまふところでした。かういふ「秘密」は小出しにしなきやね(斎藤美奈子の本を読んでゐたら、このフェミライターの口調がうつてしまつた)。

 話は変はりますが、佐田行革相も辞任して安倍内閣は政権末期の様相を呈してきた。気の毒なのは「安倍ブレーン」の皆さん方だ。安倍ブレーンと持ち上げられその気にさせられて、安倍教育改革の踊りを踊らされてゐる気の毒な幇間言論人たち。げに権力は恐ろしき。御用商人のみなさん、ほんとにご苦労さん。















































毒饅頭基本法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/27(水) 10:33)

 御用学者・御用記者は「日教組の見解」を読みなさい
 憲法に次ぐ重要な法律なんていいながら、教育基本法が「改正」されても、それを歓迎する声はどこからも聞こえてこない。まるでお葬式のやうだ。 

 そこでやつぱり出てきたのが、日教組は教育基本法改正に反対してゐたといふお話。御用記者や御用学者らが、教育基本法「改正」の意義を語る材料は、悲しいかな、「日教組が反対してゐた」といふ一点しかないのだ。

「改悪」教育基本法成立後、日教組は中央執行委員会の見解を出した。

 これをよく読んでごらん。日教組は教育基本法「改悪」に反対してきたと説明してゐるだけ。「改悪」教育基本法に「今後も」反対していくなんてどこにも書いてない。分かる、この意味?

 *************


[御用学者・御用記者は「日教組の見解」を読みなさい]の続きを読む
毒饅頭基本法 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/26(火) 22:52)

 本当にこれでいいのか教育基本法案
【本当にこれでいいのか教育基本法案】

        ジャーナリスト 千葉展正

 (「正論」平成十九年一月号掲載)


 臨時国会における教育基本法改正案の審議が大詰めを迎えている。衆議院の教育基本法特別委員会と本会議において、自民・公明の与党が野党四党欠席のまま賛成多数で可決し、舞台は参議院に移った。
 国会の表面上の動きだけ追っていると、与党が賛成し野党が抵抗するという、よくある与野党対立の構図のようにみえる。しかし、公明党寄りの政府案に反対する保守派の間からは、政府案の見直しを要求する声も根強く残っている。自民党議員の間にも不満がくすぶっている。政府案が成立すれば、「日教組が息を吹き返すのではないか」「男女共同参画、人権擁護法、自虐教育に道を拓きかねない」といった懸念の声は少なくない。教育基本法改正案が成立して喜ぶのは誰なのだろうか?


[本当にこれでいいのか教育基本法案]の続きを読む
「正論」掲載論文 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/26(火) 00:47)

 河野談話見直しの怪
自民党に河野談話見直しの動きが出てゐる。なんて非効率性な政党なのだ。河野談話を踏襲すると明言したのは安倍総理である。てつきり現政権は河野談話踏襲路線で走るとおもつたら、河野談話を見直すといふ。

河野談話を見直すに動く自民党諸氏は、安倍総理が河野談話を踏襲すると言つた時、なぜ安倍になぜ抗議しなかつたのか。

安倍総理はかうした自民党の動きを内心歓迎してゐるのかもしれない。自分は地雷を踏まず河野談話を肯定するけれど、皆さんの健闘に期待しますといふ小ズルイ手法だ。

[河野談話見直しの怪]の続きを読む
安倍晋三 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2006/12/24(日) 01:24)

次のページ
copyright © 2005 「新」教育基本法を全面批判する all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。